2021年8月1日日曜日

イエスによる病人の癒し その2

「そのとき、イエスは彼女に答えられた。「女の方、あなたの信仰は立派です。あなたが願うとおりになるように。」彼女の娘は、すぐに癒やされた。」マタイ 15:28

ここでも「癒し」を意味するギリシャ語 ἰάομαι(iaomai)が使われています。σῴζω(sōzō)ではなく、ἰάομαι(iaomai)が使われている事から、病の癒しという事なので、悪霊が病に関わっていたケースが読み取れます。

また、イエス様が人を癒した時には、「私の栄光の力であなたを癒したのだ!」という様な事は一切言っていません。むしろ、「あなたの信仰があなたを救ったのです。」と何度も言っています。このイエス様の励ましの言葉はルカの福音書だけでも4回出ています。救うは σῴζω(sōzō)であり、病からの救いという意味でしばしば「癒し」とも訳されています。

もちろん、癒しに対して信仰を持っていない病人もイエス様は癒したのですが、信仰を持っていた人たちに対しては、特に高く評価しています。

「イエスはこれを聞いて驚き、ついて来た人たちに言われた。「まことに、あなたがたに言います。わたしはイスラエルのうちのだれにも、これほどの信仰を見たことがありません。」マタイ 8:10 

百人隊長の信仰はイスラエルのうちの誰よりも優れていました。彼は異邦人であったのにも関わらず、自分のしもべの癒しの為に信仰を持っていました。他人の為に信仰を持つ事を異邦人がしたのです。信者であり他の人を導く為に歩む人なら、なおさら他の人の為に癒しの信仰を持つべきでしょう。それは、イエス様がしていた事であり、また、教会の長老も信仰の模範者としてその様な立場にあるのです。

「あなたがたのうちに病気の人がいれば、教会の長老たちを招き、主の御名によって、オリーブ油を塗って祈ってもらいなさい。」ヤコブ 5:14 

「(信者である)あなたがたのうちに病人がいれば、教会の長老たちに祈ってもらいなさい。」というのがヤコブのアドバイスでした。この場合、長老が信仰の祈りによって癒す立場にあります。直後の節をみましょう。

「信仰による祈りは、病んでいる人を救います。主はその人を立ち上がらせてくださいます。もしその人が罪を犯していたなら、その罪は赦されます。」ヤコブ 5:15 

「信仰による祈り」は長老によるものです。