2021年7月30日金曜日

イエスによる病人の癒し その1

「弟子たちは出て行って、いたるところで福音を宣べ伝えた。主は彼らとともに働き、みことばを、それに伴うしるしをもって、確かなものとされた。」マルコ 16:20 

大宣教命令とも呼ばれるマルコの箇所ですが、主は彼らと共に働いて御言葉に伴うしるしをもって確かなものとされました。この命令は復活の後なので、新しい契約の中に生きる私たちに対する命令としても注目すべき箇所です。つまり、復活の後から始まった新しい契約の教えとしての命令であり、今後はキリストの信者が癒しや悪霊追い出しを通して福音を述べ伝えるようにという事です。信者に伴うしるしとしての癒しであり、これは主ご自身が神の子である事を示す為に行われた癒しとは違います。

癒しの目的

十字架に掛かる前のイエス様の癒しには目的が幾つかありました。それは、ご自身が神の子である事をユダヤ人に証明する為のしるしでした。癒しや悪霊追い出しがあるなら、神の国が来ているという預言の成就であり証となるのです。

「目の見えない者たちが見、足の不自由な者たちが歩き、ツァラアトに冒された者たちがきよめられ、耳の聞こえない者たちが聞き、死人たちが生き返り、貧しい者たちに福音が伝えられています。」マタイ 11:5 

「もしわたしが、わたしの父のみわざを行っていないのなら、わたしを信じてはなりません。しかし、行っているのなら、たとえわたしが信じられなくても、わたしのわざを信じなさい。それは、父がわたしにおられ、わたしも父にいることを、あなたがたが知り、また深く理解するようになるためです。」ヨハネ 10:37-38 

ところで、イエス様が弟子たちとおよそ三年半一緒に伝道していた時は、もっぱらユダヤ人を相手にしていました。従って、イエス様が神の国の福音を述べ伝えていた間は、サマリヤ人の女と会話をした時以外、異邦人の所へ行って福音を知らせた事はありません。何故なら、神の国の福音は、まずイスラエルからというのが主の計画だったからです。

「 むしろ、イスラエルの家の失われた羊たちのところに行きなさい。」マタイ 10:6

「イエスは答えられた。「わたしは、イスラエルの家の失われた羊たち以外のところには、遣わされていません。」マタイ 15:24 

さて、病の癒しや悪霊追い出しを通してイエス様が最優先させていたのは、イスラエルの上に預言が成就する事ではなく、単に憐みの心で人を救う事でした。何故なら、イエス・キリストだけが救い主だからです。苦しんでいる人々を解放してあげる事を第一としていた為に、時には異邦人の時ではないタイミングでも助けてあげた事もありました。

「彼女はギリシア人で、シリア・フェニキアの生まれであったが、自分の娘から悪霊を追い出してくださるようイエスに願った。するとイエスは言われた。「まず子どもたちを満腹にさせなければなりません。子どもたちのパンを取り上げて、小犬に投げてやるのは良くないことです。」彼女は答えた。「主よ。食卓の下の小犬でも、子どもたちのパン屑はいただきます。そこでイエスは言われた。「そこまで言うのなら、家に帰りなさい。悪霊はあなたの娘から出て行きました。」マルコ 7:26-29

父なる神の命令に従っていたイエス様は、「イスラエルの家の失われた羊たち以外のところには、遣わされていません。」と言っています。カナン人の女に対して「子犬」という彼女にとっては侮辱的な表現を用いたのには理由があります。イエス様は彼女が契約の民ではない事を示し、その上で彼女の信仰を試したからです。何故なら、この女性は異邦人の立場でありながらその時に癒しを求めたからです。父なる神の計画としては、まず最初に福音はユダヤ人に伝えられるべきでした。主の計画は私たちが信仰を表す事によって変わる事があるのです。実際に、旧約時代でも主は思い直して人々を祝福された事が何度もありました。

2021年7月28日水曜日

癒しとキリストの贖い その3

私たちが知らなければいけない重要な事は、実は神様の癒しは、十字架に掛かる前にキリストが受けた打ち傷よりも遥か前にあったという事です。キリストの打ち傷が病の癒しの唯一の証拠として聖書に記される前の時代でも神の癒しはありました。

旧約時代の癒し

「そこで、アブラハムは神に祈った。神は、アビメレクとその妻、また女奴隷たちを癒やされたので、彼らは再び子を産むようになった。」創世記 20:17 

アビメレクがアブラハムの祈りを通して癒されたのは、聖書中において最初の癒しの記録なのですが、この時代は律法による古い契約よりも古い時代です。癒し主として神がモーセにご自身の名前を明らかにした時よりも前に癒しがあったという事です。何故なら、神様の性質は常に同じであって、常に愛のお方、癒すお方(エホバ・ラファ―)だからです。

さて、ここで一度キリストの贖いによる「罪の赦し」も同時に見て行きましょう。

「このキリストにあって、私たちはその血による贖い、背きの罪の赦しを受けています。これは神の豊かな恵みによることです。」エペソ 1:7 

キリストの血による贖いが成されたのはゴルゴダの丘に連れていかれる前だったでしょうか?しかし、イエス様は十字架に掛かる前にも人の罪を赦しています。

「しかし、人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたが知るために──。」そう言って、それから中風の人に「起きて寝床を担ぎ、家に帰りなさい」と言われた。」マタイ 9:6 

「イエスは彼らの信仰を見て、「友よ、あなたの罪は赦された」と言われた。」ルカ 5:20 

イエス様はここで「地上で罪を赦す権威を持っている」と言いました。ゴルゴダの丘でご自身の血を流すという贖いの御業が完了する前に、キリストが人の罪を赦す事ができた最大の理由は、主が罪人を招く為に来たという「罪を赦す御心」を世に示す為でした。同時に、その罪の赦しという恵みを行使する権威を持っている事を世に明らかにする為でもありました。

十字架の前でも罪の赦しがあったように、打ち傷を受ける前にも癒しがあった事は同じ理由です。主は常に罪を赦し病を癒すお方なのです。イエス様の「罪を赦す御心と病を癒す御心」が十字架の御業に関する預言よりも先立っているのです。つまり、イザヤによる贖いについての預言よりも先だって主の憐みが存在しているのです。

神の癒しの御心

「すなわち神は、世界の基が据えられる前から、この方にあって私たちを選び、御前に聖なる、傷のない者にしようとされたのです。」エペソ 1:4 

世界の基が据えられる前とは、いつの事だったでしょうか?神様はかつてヨブに聞いた事があります。

「わたしが地の基を定めたとき、あなたはどこにいたのか。分かっているなら、告げてみよ。」ヨブ記 38:4 

ダビデは次の様に言っています。

「あなたは、はるか昔に地の基を据えられました。天もあなたの御手のわざです。」詩編 102:25 

遥か昔に地の基(世界の基)を据えられた神様は、「世界の基が据えられる前から、この方(キリスト)にあって私たちを選び、御前に聖なる、傷のない者にしようとされた」とパウロは言っています。神が地の基を据えた後にアダムとエバを創造したとするなら、神は人間の創造や悪魔の誘惑よりも前に贖いの計画(罪の赦しと病の癒しの計画)を持っていた事が分かります。

では、神の御心が常に人の罪を赦し人の病を癒すのであれば、何が障害となっているのでしょうか?その答えをこのブログの中から見つけて下さい。

2021年7月27日火曜日

癒しとキリストの贖い その2

「これは、預言者イザヤを通して語られたことが成就するためであった。「彼は私たちのわずらいを担い、私たちの病を負った。」マタイ 8:17 

上の聖句とイザヤ書の関連性を神学的に認めても、使徒マタイが意味したイザヤの預言の成就は、必ずしも今日のクリスチャンが癒される事はないという主張が二つあります。一体どういう事なのでしょう?

その主張は、「キリストが十字架に掛かる前に人々を癒し、その時、その瞬間にイザヤの預言が成就したとマタイは言ったのだ」という事を土台に置いています。従って、その後にキリストが十字架の刑に処せられた贖いとは違う、それ故に、キリストの贖いに癒しは含まれないとする主張です。

しかし、この主張が通るなら、イエス様が十字架に掛かる前に人々の罪を赦したという事実から、罪の赦しはその時にあっただけで、今日は通用しないという事にもなってしまいます。

もう一つの主張は、癒しが贖いにあって今日のクリスチャンが癒される事があったとしても、神様の御心は全ての人を癒すとは限らないとするものです。これら二つの主張(誤解)を解くには、神の御心について聖書から説明しなければなりません。そしてその説明とは、「わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い」という引用を持って、「神の癒しの御心は分からない」と結論付ける私的解釈によるものではありません。

個人的な体験や五感からくる情報だけで判断するのではなく、神様の御心は聖書から判断するべきです。この場合、特に新約聖書を中心に学ぶ必要があります。何故なら、神は新しい契約の中により優れた真理を私たちに知らせたからです。

2021年7月25日日曜日

癒しとキリストの贖い その1

「しかし、彼は私たちの背きのために刺され、私たちの咎のために砕かれたのだ。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、その打ち傷のゆえに、私たちは癒やされた。」イザヤ書 53:5 

キリストの贖いと言えばイザヤ書です。この預言書にはイエス・キリストの贖いについての描写が沢山あります。上の聖句で明らかな様に、主ご自身が受けた打ち傷によって、私たちは「体の癒し」という恵みを体験できます。この箇所は、「霊的な解釈」による「霊的な癒し」ではありません。

七十人訳で見ると、ギリシャ語 ἰάομαι(iaomai)という語が使われています。何故七十人訳で見るかと言えば、同じ単語が新約聖書にも頻出し、新約聖書との見比べによってこの単語の意味がヘブル語よりも分かりやすいからです。七十人訳の権威に関して言えば、イエス様も弟子たちも引用したという事から考えれば、決して軽視はできないでしょう。

さて、 ἰάομαι(iaomai)は身体的な癒しという意味でよく使われているので、素直に読めば「霊的な癒し」という解釈に至りません。何故その様な解釈が存在するかと言えば、神は気まぐれな御心によって人を癒すという誤解があるからです。「神はいつ人を癒すかどうか分からない」という事を絶対的前提にしてイザヤ書 53:5 や第一ペテロ 2:24 を読めば、その偏見ゆえに、「ここは解釈して理解するべき」という考えを生み出してしまうでしょう。

それでは、「霊的な癒し」が「罪の赦し」という意味だという主張についてはどうでしょうか?

「これは、預言者イザヤを通して語られたことが成就するためであった。「彼は私たちのわずらいを担い、私たちの病を負った。」マタイ 8:17 

イザヤ書の次の箇所からマタイは引用したのですが、注意したいのは「完全コピー」という意味での引用ではありません。

「まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みを担った。それなのに、私たちは思った。神に罰せられ、打たれ、苦しめられたのだと。」イザヤ 53:4 

新約聖書の中に見られる旧約聖書からの引用は、ほぼ全てにおいて節全体の完全コピーとはなっていません。イエス様でも、一部分だけを引用した事は何回もありました。この理解は非常に重要です。

さて、使徒マタイはイエス様が人々を癒された事を見たという証しの目的で自ら福音書を書いているだけでなく、イエス様の癒しはイザヤ書の預言の言葉(イザヤ 53:4)の成就だったとしています。この時、マタイは「病を負った」と書きましたが、「病」のギリシャ語は νόσος(nosos)です。新約聖書中、この単語は病気が癒されたケースでよく用いられています。つまり、νόσος(nosos)は病気が癒されたケースの記録として新約聖書に出てきているのです。

ですから、この単語は病気として訳されるのが通常であり、素直に読めば「キリストが病気を背負った」という事です。使徒マタイがイザヤ 53:4 の預言(贖いの預言)が成就したと言っている以上、キリストが私たちの病気を背負った事と贖いは関連しているという事、つまり、癒しと贖いには深い関係があるという事です。

2021年7月24日土曜日

癒しの真理 その3

病がなければ、癒す必要はありません。ある意味、病があるからこそ、それに対して信仰によって立ち向かう必要があるのです。私たちの持つべき認識は、病を敵と見なして立ち向かうものです。実際、病は敵であるサタン・悪霊からもたらされる事もあります。病が間接的に悪霊から来るケースを含めて考えるなら、大抵の場合において、病は敵から来ていると言っても過言ではありません。しかし、私たちは今まで「病気も神からの試練」という事をヨブ記を通して聞いてきた為に、勘違いしていました。しかし、主は良いお方です。

「すべての良い贈り物、またすべての完全な賜物は、上からのものであり、光を造られた父から下って来るのです。父には、移り変わりや、天体の運行によって生じる影のようなものはありません。」ヤコブ 1:17 

しかし、私たちの敵は盗み、殺し、そして滅ぼす者です。そうした敵の攻撃を知らずに平和ボケしてしまっていた「なまぬるいクリスチャン生活」から抜け出るには、真理を知る事が必要です。そして、その真理はイエス・キリストによって実現したのです。

「律法はモーセによって与えられ、恵みとまことはイエス・キリストによって実現したからである。」ヨハネ 1:17 

古い契約の時代において律法は有効でした。しかし、新しい契約はイエス・キリストの十字架の御業の完成後に始まり、主ご自身が恵みとまこと(真理)を実現されました。つまり、神の恵みと真理は人に明らかされているのです。それまでは、神の恵みと真理は律法という影、または、預言という部分的で抽象的な言葉で表されていました。しかし、キリストによって何が恵みで何が真理かがはっきりと示されたのです。

この事から、私たちが注目しなければいけない聖書は、主に新しい契約の内容であり、福音の奥義の部分なのです。癒しに関して新約聖書が示している重要な真理は次のものです。

  1. キリストが打ち傷によって全ての病を癒されたという恵み
  2. 信仰によって恵みを現実化するという事
  3. 病を持って来る敵との戦い、信仰の戦いがあるという事

2021年7月23日金曜日

癒しの真理 その2

私たちの神は力強いのですが、その力は信者であるクリスチャンの内に働きます。

「どうか、私たちのうちに働く御力によって、私たちが願うところ、思うところのすべてをはるかに超えて行うことのできる方に、」エペソ 3:20 

「このために、私は自分のうちに力強く働くキリストの力によって、労苦しながら奮闘しています。」コロサイ 1:29 

私たちは神の国を地上にもたらす為に神の力を用いる事ができます。その聖霊の力によって私たちは癒しや解放を体験できるのです。しかし、その様な神の子として歩みに対して疑いを持つなら、その不信仰ゆえに、神の力は働かないのです。ただ、幸いなことに、癒しの働きをする人が信仰を働かせるなら病人を癒す事ができます。

「信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいことばで語り、その手で蛇をつかみ、たとえ毒を飲んでも決して害を受けず、病人に手を置けば癒やされます。」マルコ 16:17-18 

「信じる人々」とは、信仰によって歩む人という事です。自称クリスチャンではなく、単に主日礼拝を欠かさない人でもありません。神の子として生まれ変わり、新しい人として信仰の成長の道を歩んでいる人の事です。その様な真の信者であるなら、病人に手を置けば癒されるとイエス様は言っているのです。この場合、病人は必ずしも信者とは限りません。しかし、手を置くのは信者であるのが明らかです。この事から、イエス・キリストの信者は本来、病人に手を置けば癒す事ができるのです。これはイエス様の言葉であり、大宣教命令の一部として理解するべき重要な福音の働きです。

旧約時代に癒しが起こらなかった主な原因が、単純にその真理について神様が明らかにしていなかったからでした。しかし、今は信者であるだけで人が癒されるという真理が明らかになっています。何故、信者であるなら癒しが起きるのでしょう?それは、神様が神の子となった信者に権威をお与えになったからです。

「しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとなる特権をお与えになった。」ヨハネ 1:12 

新改訳では「特権」という訳ですが、ここでは権威という意味のギリシャ語 εξουσία (exousía) が用いられています。その権威を使って、クリスチャンは悪霊を追い出す事ができ、また病人を癒す事ができるのです。ここでも明らかな様に、癒しに関する真理は旧約時代には明らかにされていませんでした。従って、旧約聖書ばかりを読んで癒しについての真理を知ろうとしても、部分的にしか見えてこないのです。

2021年7月22日木曜日

癒しの真理 その1

聖書にある真理は私たちを自由にします。しかし、その真理は最初から明らかにはなっていません。旧約聖書の時代には、多くの真理がまだ隠されたままでした。啓示を多く与えられていたダビデでさえもパウロが言っている福音の奥義について知らされていませんでした。しかし、現代の私たちは聖霊がパウロに示された福音の奥義を彼の書簡の中から知る事ができます。神様は長い時間を掛けて徐々に真理を明らかにされたのです。癒しの真理に関しても同じです。

神様が徐々に真理を明かされたという事を知れば、聖書がとても分かりやすくなります。これは聖書を理解する重要な鍵となっています。すなわち、私たちが最も重要な福音の奥義を学ぼうとする時、旧約聖書ではなく新約聖書に注目しなければならないという事です。癒しという福音(グッドニュース)は、旧約時代にはまだ明らかになっていない部分が多くありました。実際、それが主な理由で多くの癒しの記述が見当たらないのです。しかも、当時の人たちは敵であるサタンが病をもたらしている事実を知る事もありませんでした。しかし、神様は常に癒すお方であり、その性質は変わる事がありません。

「イエス・キリストは、昨日も今日も、とこしえに変わることがありません。」へブル 13:8 

多くの人が気づいていないかもしれませんが、神様はいつもどの時代においても(旧約時代においても)愛のお方であり癒す方なのです。しかし、当時はその真理がまだ明らかにされていなく、その真理を大胆に信じて歩もうとした人も極端に少なかったので、癒しという奇跡は殆ど起きていなかったのです。

私たちは、癒す力を持っている神様側に何か問題があるとよく勘違いをしています。しかし、問題はいつも私たちの方であり、それは私たちの信仰の無さなのです。主は信仰によって歩む人たちを大いに喜ばれます。

「イエスはこれを聞いて驚き、ついて来た人たちに言われた。「まことに、あなたがたに言います。わたしはイスラエルのうちのだれにも、これほどの信仰を見たことがありません。」マタイ 8:10 

「そのとき、イエスは彼女に答えられた。「女の方、あなたの信仰は立派です。あなたが願うとおりになるように。」彼女の娘は、すぐに癒やされた。」マタイ 15:28 

2021年7月21日水曜日

聖書が教える癒し その3

イエス・キリストが私たちの永遠の命であり癒しです。その事を示しているのは聖書(神の言葉)です。神の言葉は旧約聖書と新約聖書に分けて読む事ができますが、どちらを読むにしろ、真理がより明確に示されている箇所がより重要となります。ごく一部の旧約聖書の箇所を除けば、真理がより明らかに記されているのは新約聖書です。

「しかし、彼は私たちの背きのために刺され、私たちの咎のために砕かれたのだ。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、その打ち傷のゆえに、私たちは癒やされた。」イザヤ 53:5 

イエス・キリストが私たちの為に受けた打ち傷のゆえに、私たちは癒しを体験する事ができます。イザヤ書はキリストの贖いについての啓示が書かれている事で知られています。この聖句に出てくる「癒し」を意味するギリシャ語 ἰάομαι(iaomai)は主に「肉体的な癒し」として使われています。旧約聖書をギリシャ語で書いた七十人訳という聖書がありますが、これは弟子たちが読み、イエス様も引用した聖書です。誤解されがちですが、へブル語で書かれた聖書だけが権威があるという訳ではありません。

「主は あなたのすべての咎を赦し あなたのすべての病を癒やし」詩篇 103: 3

驚く事に、イザヤの預言よりも二百年以上も前にダビデは神が全ての病を癒す事を知っていました。全ての咎(罪)を赦す事のできる神様は、全ての病を癒す事のできるお方です。例外はありません。誰かが特別だという事で神様が癒さないという事はなく、罪を赦さないという事もありません。全ての人の罪と病の為の代価はキリストの十字架を通して既に完済されています。後は、その恵みを信じる事が鍵なのです。

そういう訳で、まず私たちが知らなければいけないのは、キリストによる神の恵みを聖書から知って信じるという事です。神様が病をもたらすと考えている間は、その誤解の故に、神様を信頼する事はできません。神様を信頼できない状態が不信仰なのです。しかし、主はいつも良いお方であって、私たちに恵みとあわれみの冠をかぶらせて下さるのです。

聖書が教える癒し その2

ちょうど永遠の命の答えがイエス・キリストである様に、イエス・キリストはあなたの病の癒しの答えです。何故なら、聖書はその真理について明らかにしてあるからです。

「盗人が来るのは、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするためにほかなりません。わたしが来たのは、羊たちがいのちを得るため、それも豊かに得るためです。」ヨハネ 10:10 

ここでイエス様が言っている「羊」とは、イエス・キリストを信じてついて行く人たちです。キリストを信じて歩む人たちが「神の命を豊かに得る」為なのですから、私たちが病に苦しむのであれば、それは神の命を豊かにしている状況ではありません。病という束縛から私たちを解放する為に、イエス様はご自身の命を捧げられました。キリストの命の中に癒しも含まれています。そしてこの犠牲は神による恵みであり、この恵みゆえに私たちの信仰によって、私たちは永遠の命も病の癒しも得る事ができます。

キリストの十字架は歴史的に起こった事実として知られています。ですから、イエス様が代価を払って下さったという事実は過去の出来事として私たちは見る事もできます。という事は、既にイエス様が私たちの病の為に代価を支払ったという事実を見る事になるのです。それが理由で、この恵みをただ信じるだけで誰もがどの様な病気であっても、癒しを体験する事ができるのです。

基本的に、この信仰の法則が癒しに関しての聖書的な土台となっています。そして、既にキリストの打ち傷によって癒しが確定している為に、悪霊などのいかなる障害も存在してはならないのです。しかし、病の癒しという神様の恵みを体験するには信仰が必要になります。

「キリストは自ら十字架の上で、私たちの罪をその身に負われた。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるため。その打ち傷のゆえに、あなたがたは癒やされた。」第一ペテロ 2:24 

2000年以上前に病を担われたイエス様は、私たちの成長の訓練の目的で病を持って来ません。病とは神様から来る訓練ではないのです。病の癒しが神様からのものであって、既に処理して下さった問題を神様は「訓練」として再び持って来る事はあり得ません。

聖書が教える癒し その1

いつの時代でも、人々は「病の癒し」を求めています。 病から解放されたいと願っている人はクリスチャンだけに限った事ではありません。しかし、肉体的であれ精神的なものであれ、病の癒しに対する答えが聖書にある事を知っていたでしょうか?

クリスチャンであるなら、永遠の命をお与えになる方にとって病気を癒す事は難しい事ではないと知っている事でしょう。全知全能の神が永遠の命を与える事ができると信じるのなら、病の癒しもそのお方が答えを持っていると信じるのは難しくないはずです。 イエス・キリストをまだ信じていない人でも、病から癒されるチャンスはあります。何故なら、人は全ての病気や苦しみから既に解放されているという聖書の真理があるからです。どうしてそういう事があり得るのでしょうか?それは、人間が苦しむあらゆる病気をイエス・キリストが背負って下さったからです。

「これは、預言者イザヤを通して語られたことが成就するためであった。「彼は私たちのわずらいを担い、私たちの病を負った。」マタイ 8:17 

さて、病気が癒されたという記述は旧約聖書には多くありませんが、旧約の書物の中にも癒しに関する幾つかの重要な聖句はあります。その中でもよく知られているのは、神様ご自身が「癒し主」としてご自分の性質を明らかにしている箇所でしょう。そこから私たちは、重要な神様の名前の一つを学ぶ事ができます。

「そして言われた。「もし、あなたの神、主の御声にあなたが確かに聞き従い、主の目にかなうことを行い、また、その命令に耳を傾け、その掟をことごとく守るなら、わたしがエジプトで下したような病気は何一つあなたの上に下さない。わたしは主、あなたを癒やす者だからである。」出エジプト 15:26 

この箇所に出てくる「癒す者」(エホバ・ラファ―とも呼ばれる)は、今日のキリスト教会の間で神様が「癒し主」だと認識されている大きな理由の一つでしょう。そうです。私たちの主は永遠の命をお与えになる方であり、病を癒すお方なのです。 本当に病からの癒しを得たいのなら、私たちはまず癒し主を知らなければなりません。そのお方は、聖書の示している三位一体の神であり、イエス・キリストです。