2021年7月28日水曜日

癒しとキリストの贖い その3

私たちが知らなければいけない重要な事は、実は神様の癒しは、十字架に掛かる前にキリストが受けた打ち傷よりも遥か前にあったという事です。キリストの打ち傷が病の癒しの唯一の証拠として聖書に記される前の時代でも神の癒しはありました。

旧約時代の癒し

「そこで、アブラハムは神に祈った。神は、アビメレクとその妻、また女奴隷たちを癒やされたので、彼らは再び子を産むようになった。」創世記 20:17 

アビメレクがアブラハムの祈りを通して癒されたのは、聖書中において最初の癒しの記録なのですが、この時代は律法による古い契約よりも古い時代です。癒し主として神がモーセにご自身の名前を明らかにした時よりも前に癒しがあったという事です。何故なら、神様の性質は常に同じであって、常に愛のお方、癒すお方(エホバ・ラファ―)だからです。

さて、ここで一度キリストの贖いによる「罪の赦し」も同時に見て行きましょう。

「このキリストにあって、私たちはその血による贖い、背きの罪の赦しを受けています。これは神の豊かな恵みによることです。」エペソ 1:7 

キリストの血による贖いが成されたのはゴルゴダの丘に連れていかれる前だったでしょうか?しかし、イエス様は十字架に掛かる前にも人の罪を赦しています。

「しかし、人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたが知るために──。」そう言って、それから中風の人に「起きて寝床を担ぎ、家に帰りなさい」と言われた。」マタイ 9:6 

「イエスは彼らの信仰を見て、「友よ、あなたの罪は赦された」と言われた。」ルカ 5:20 

イエス様はここで「地上で罪を赦す権威を持っている」と言いました。ゴルゴダの丘でご自身の血を流すという贖いの御業が完了する前に、キリストが人の罪を赦す事ができた最大の理由は、主が罪人を招く為に来たという「罪を赦す御心」を世に示す為でした。同時に、その罪の赦しという恵みを行使する権威を持っている事を世に明らかにする為でもありました。

十字架の前でも罪の赦しがあったように、打ち傷を受ける前にも癒しがあった事は同じ理由です。主は常に罪を赦し病を癒すお方なのです。イエス様の「罪を赦す御心と病を癒す御心」が十字架の御業に関する預言よりも先立っているのです。つまり、イザヤによる贖いについての預言よりも先だって主の憐みが存在しているのです。

神の癒しの御心

「すなわち神は、世界の基が据えられる前から、この方にあって私たちを選び、御前に聖なる、傷のない者にしようとされたのです。」エペソ 1:4 

世界の基が据えられる前とは、いつの事だったでしょうか?神様はかつてヨブに聞いた事があります。

「わたしが地の基を定めたとき、あなたはどこにいたのか。分かっているなら、告げてみよ。」ヨブ記 38:4 

ダビデは次の様に言っています。

「あなたは、はるか昔に地の基を据えられました。天もあなたの御手のわざです。」詩編 102:25 

遥か昔に地の基(世界の基)を据えられた神様は、「世界の基が据えられる前から、この方(キリスト)にあって私たちを選び、御前に聖なる、傷のない者にしようとされた」とパウロは言っています。神が地の基を据えた後にアダムとエバを創造したとするなら、神は人間の創造や悪魔の誘惑よりも前に贖いの計画(罪の赦しと病の癒しの計画)を持っていた事が分かります。

では、神の御心が常に人の罪を赦し人の病を癒すのであれば、何が障害となっているのでしょうか?その答えをこのブログの中から見つけて下さい。