2021年10月12日火曜日

打ち傷によって癒された

 「キリストは自ら十字架の上で、私たちの罪をその身に負われた。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるため。その打ち傷のゆえに、あなたがたは癒やされた。」第一ペテロ 2:24 

キリストの十字架上での贖いは歴史的に起こった事実として知られています。そうすると、イエス様が打ち傷を受けたという事実も過去の出来事として私たちは認識できます。それなら、既にイエス様が私たちの病の為に打ち傷を受けたという事なのです。ですから、この神の恵みを素直に心で信じるなら、どの様な病気であっても癒しされる事になるのです。

ここの「癒された」という意味は、「私たちの罪をその身に負われた。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるため。」の前半の部分と関係しているので、この場合の「癒し」は「罪の赦し」を意味するのだ、という解釈がありますが、それは違います。何故なら、この個所の「癒された」に使われているギリシャ語は ἰάομαι(iaomai)という語で、「肉体的な癒し」の意味で主に使われているからです。

罪の赦しオンリーではなく、病の癒しも十字架の御業の約束であるという事をペテロは言いたいのです。罪の赦しと病の癒しの両方が書かれてあるイザヤ書全体を基にして、ペテロはその要約(前半の罪の赦しの部分と後半の癒しの部分)を書きました。注意したいのは、ペテロはイザヤ書のどこかの箇所を完全に引用したのではなく、部分的に引用したという事実です。実際に、旧約聖書から引用されて新約聖書に書かれてある箇所は、その引用された節の一字一句全くそのままの通りに引用されてはいません。

イザヤ 53:5「しかし、彼は私たちの背きのために刺され、私たちの咎のために砕かれたのだ。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、その打ち傷のゆえに、私たちは癒やされた。」

イザヤはこの節で、キリストの贖いには罪の赦しと病の癒しがある事を言っています。「私たちの咎のため」とありますから、キリストが私たちの罪の為に砕かれたのです。それと共に、「打ち傷のゆえに、私たちは癒やされた。」のです。この5節は前の3節と4節にある癒しに関する内容を受けています。

イザヤ 53:3「彼は蔑まれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で、病を知っていた。人が顔を背けるほど蔑まれ、私たちも彼を尊ばなかった。53:4まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みを担った。それなのに、私たちは思った。神に罰せられ、打たれ、苦しめられたのだと。」

これらの節では、キリストが私たちの為に病を担った事が書いてあり、4節はマタイが引用に使っています。マタイ 8:16-17。これらの節では罪の赦しについて書いてありませんが、だからと言って罪の赦しは贖いに含まれない事はあり得ません。何故なら、別の箇所では罪の赦しについての贖いが明らかだからです。

イザヤ 53:6「私たちはみな、羊のようにさまよい、それぞれ自分勝手な道に向かって行った。しかし、主は私たちすべての者の咎を彼に負わせた。」

イザヤ 53:11「彼は自分のたましいの激しい苦しみのあとを見て、満足する。わたしの正しいしもべは、その知識によって多くの人を義とし、彼らの咎を負う。」