2021年11月15日月曜日

時には神が病気をもたらす?

「神様は素晴らしいお方です。アーメンですか?」と講壇から力強く語れば、一般的なクリスチャンであれば誰もが「アーメン!」と答えるに違いありません。「神様は私たちに全て良いものを与えます。」と言えば、こちらも「アーメン!」と答えるはずです。しかし、「主はどんな時にも癒しますよ!」と言えば、どれくらいのクリスチャンが同意するでしょうか?

「神の御心」を「神の気まぐれ」という定義で考えている人は多い様です。 「私たちには全く予測不可能な不思議な事を神はなさる」という見方の事です。多くの場合、次の聖句の曲解がその様な誤解を生んでいます。

「天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。」イザヤ 55:9 

そこから更に転じて、「神は時々病気(その他の災い)を持ってきて私たちを訓練する」という嘘が教会に入って来ています。しかし、その様な考えを持っていたのは古い契約の時代の人たちに限っているべきであって、人間にとって知るべき全ての奥義が明らかになった今の時代から見ると、むしろ神の御心が一定して分かりやすいものとなっています。

新しい契約の下では、神の恵みがキリストの十字架によって人に分かる様になりました。誰もキリストの十字架での贖いを見るまでは、父なる神の御心を完全に知る事は出来なかったのです。キリストの十字架を通しての神の愛を知らずにして、アガペーを語る事は不可能なのです。恵まれた事に、この時代に福音を聞いてそれを信じる人々には豊かな神の恵みが増し加えられるのです。その恵みと言う視点から癒しを見れば、神が病を癒す御心を常に持っているのは明らかです。

私たちが癒されたいと願いよりも、神の方が私たちを癒したいと思っているのです。この単純な事を知らずに、私たちは今まで神の愛を知っていたかの様に振る舞って来ました。しかし、その様な愛は口先だけのものであって、神学によって真理を濁したものでしかありませんでした。愛は理論ではなく、実践的であって力のあるものです。ちょうど、キリストの犠牲が理論ではなく実際に起きた事実であり、信じる人々に命を与える力であり、それは頭での理解を超えて人の心に響くものです。しかし、私たちが愛を語る時には、本当に他の人の心に響いているでしょうか?

主の愛が何なのかを知らずに人に伝えても伝わりません。主の愛は十字架の贖いにあります。

「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、宥めのささげ物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」第一ヨハネ 4:10 

このアガペーの愛を知れば、「神が病気をもたらす時もある」とは言えなくなります。何故なら、別の聖書の箇所では、私たちの病は既にキリストの打ち傷によって二千年以上も前に癒しの宣告をしたとあるからです。

 「キリストは自ら十字架の上で、私たちの罪をその身に負われた。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるため。その打ち傷のゆえに、あなたがたは癒やされた。」第一ペテロ 2:24 

特に、キリストの十字架の御業が完了した後に生まれて来た人たちにとっては、生まれる前からこの約束が存在していたので、彼らにとっては最初から信じるだけで癒しを体験できたのでした。しかし、信じるだけで救われるという霊の救いばかりが教えられたので、体の救い、すなわち、病の癒しについては後の時代になってから人々は受け入れ始めたのです。

この様に、どの考えが正しいかを聖書的に判断して私たち信者は理解に至るべきです。しかし、今日では多くの神学が存在する為に、人々は様々な考えを持っているので、単純な真理が分からなくなっている事も事実です。では、別の角度から見ましょう。「私たちの主は私たちが健康で生きていく為に、この体に免疫機能を与えてくれています。アーメンですか?」もし、あなたがこの言葉にアーメンと言えるなら、神の与えた免疫機能を超える病気を神ご自身ががもたらすと思いますか?

私たちは霊的に目覚めなければいけません。目に見える一時的な現実ばかりを信じて、神の癒しを信じない幼い考えから目覚めるのです。そして、病気が神から来るという混乱した発言を止めて、敵の存在を知って戦うのです。