2021年8月26日木曜日

癒しと神の主権 その3

人は自分で悪い種を蒔いて刈り取っている事が多々あります。その様にして健康を失う事が確かにあります。しかし、本来は存在していなかった病気が存在する様になったのは、サタンが原因なのです。病気は神の創造には含まれていません。もちろん、そのサタンに同意して罪を犯した人間にも責任が問われます。その責任を認識させる為に、神はモーセの律法をもたらしたのです。人間は自分自身の犯した罪について認識する必要はありました。そして、律法が要求する刑罰は呪いとも呼ばれていて、その中には病気も含まれていました。しかし、それは旧約時代の古い契約の時であって、神はついに恵みによる救いの道をイエス・キリストを通して示されたのです。

新しい契約の視点

新しい契約に入ってからは、罪も病気もイエス・キリストの十字架の御業によって取り除かれました。今私たち人間のするべき事とは、イエス・キリストの御業を信じて罪の赦しと病の癒しの恵みを受けて、新しい霊として生まれ変わる事なのです。この十字架による恵みの現れは神の御心の現れであって、人がその恵みを受け取る事を神は望んでおられます。旧約時代のモーセの律法による生き方は神の御心ではありません。

古い契約の視点

申命記28章4節によれば病気は呪いとして扱われていますが、その呪いは神からのものではなく人間自身の罪が原因でした。罪ゆえに律法の刑罰がありました。従って、罪が原因となって病が入り込んだのは間違いありません。アダムの違反のゆえに病が入り込んだのは間違いないのです。従って、誘惑したサタンとその誘惑に負けたアダムが病をもたらしたと言えます。サタンは病気という形の悪をもたらそうとしたのであり、アダムはそれをウェルカムしてしまったのです。神はサタンの罪にも人の罪に対しても責任はありません。むしろ、義を持ってサタンを裁き、恵みを持って人に救いの道を与えました。しかし、それらの真理が示されたのはイエス・キリストによってであり、古い契約の時代にはその真理の大部分は隠されていたのです。

神の性質

古い契約の時代の神は冷酷であったと思う人は多いでしょう。しかし、主はとこしえに恵み深いお方で常に良いお方です。この真理を人間が知らなかっただけです。そして、その真理を伝える為にイエス様が天から来られました。イエス・キリストの贖いの為に、父なる神は人の罪に対して怒って罪の責任を問う事はもうありません。赦しという恵みと癒しという恵みが新しい契約に示されているのです。

しかし、人は罪を通して悪い種を刈り取ってしまう事があります。神はイエス・キリストによって人の罪自体を赦していますが、その人自身が罪を犯す事によって周りの人に迷惑をかけた場合は、責任を取らなければいけない事や自分自身に対して害(病気を含む)を受ける事もあります。これは種まきの法則です。しかし、主を求める人には、ご自身の恵みによってそれらの問題に対する解決策をもお示しになります。

新しい契約の下では、主の介入は常に人に良い事をもたらします。決して災いをもたらす事ではありません。人の罪に対して主の裁きという介入があるのではなく、人が主の助けを求める時や主に信頼を置く時に恵みという主の介入があるのです。従って、病気を試練と考えて神様からのものだとしてはいけません。

真理が人を解放する

病気や人の死を通して私たちは何かを学ぶ事もあるかもしれませんが、病気や人の死そのものが何かを教えるのではありません。それらは単なるきっかけに過ぎないのです。私たちが何かを学ぶ時というのは聖書の真理を学ぶ時であって、それを聞いて知った時なのです。

ですから、困難な経験を通らなくても私たちは常に聖書から真理を学ぶ事が出来るのです。人がつらい経験を通るのは主がそれを持ってくるからではなく、サタンからの攻撃にあっているケースが殆どです。それ以外のケースでは自分で蒔いた種を刈り取っているだけなのです。霊的な歩みを心掛けず主との交わりの外に出てしまうと、あらゆる困難に会う事になるでしょう。父なる神様はその主権を乱用して病気を持ってくる事をしません。それを「試練」と呼ぶのは私たち人間の浅はかな考えです。主を知らないからそう言ってしまうのです。そして、サタンである敵を知らない為に全ての災いも神からとするのです。