投稿

7月, 2018の投稿を表示しています

神聖な牛

Sacred Cows という英語のイディオムは、公然の抗議などを恐れて、修正されたり批判されない様なものを作り上げる事を指す時によく使われます。対象は人だけでなく信念体系などの抽象的なものも含みます。この比喩的な「神聖な牛」は、それに対する疑問や批判から免れられる為に、それが絶対的な存在である事を主張します。

教会の歴史の中であたかも当たり前の真理として教えられてきたものが、実は新しい契約の下での教えではなかった、と解説する事をしばしば英語で「killing the sacred cows」と表現されます。「神聖な牛」はいわゆる偶像礼拝の象徴であり、その牛を殺してしまう事は主に律法主義の古い考えを排除する意味があります。最近ではアンドリュー・ウォーマックがその様な方法で聖書を教えているのが良く知られていますが、このスタイルの聖書の教えはもっと前から存在していて、「御言葉の宣言」の教えで有名なチャールズ・キャプスも80年代に出版した本のタイトルに sacred cows を用いています。

多くの間違った教えを聖書的に解説していく事は、真理へ導く最も効果的な方法の一つでしょう。長年信じてきた教えを手放すのはある種の勇気が必要ですが、それらが聖書的に曖昧な教えである事を素直に認めた時、より明確な真理を追究する姿勢が生まれます。このブログでは既に多くの「人の伝統的な教え」について指摘してきましたが、それらを分類別にして見ていきたいと思います。

尚、ここで言う「人の伝統的な教え」とは、主に神学的な理論、教団が固執する教理(教え)や一部のグループに特有なドグマ(個人的な偏見や意見)などを含みます。しかし、ドグマなどの考えは多くの教派に支持されていない事を根拠に、主に教理となっているものを「神聖な牛」とします。

御霊の導きに関するもの

御霊の声油注ぎ神の臨在御霊の賜物
曖昧な教えの中でも癖のあるものです。主にカリスマ派・聖霊派に特有なドグマとして知られています。これらは曖昧なものとして理解されている為に乱用されやすいです。数年後に「あれは聖霊ではなかった」と認めた人たちでも、彼らが教えていたものはそのまま存続しているのがたくさんあります。カリスマ派の人たちは聖霊の働きをミステリアスで神秘的なものとしてもはや偶像礼拝しています。必要以上に多くの事柄を「霊的」に解釈している為、全く深…