投稿

9月, 2019の投稿を表示しています

ヘブル的視点

歴史的文脈を取り入れる聖書解釈は、福音派で広く受け入れられている方法です。その一部のグループが「ユダヤ性」を強調したのが「ヘブル的視点」のルーツである可能性もあるでしょう。しかし、今日「ヘブル的視点」という言葉が連想させるのはむしろメシアニックジュー(プロテスタント的な信仰を持つユダヤ人クリスチャンで、ユダヤ人としてのアイデンティティーを過度に主張する)であり、「ヘブル的視点」は一つの聖書解釈方法という選択肢を超えて、彼らが「クリスチャンとしてのユダヤ教の正当性」を主張する入り口になりさがっています。 結論から言えば、「へブル的視点」はキリストのからだ(教会)に持ち込もうとしている「現代版割礼」を促すものであり、「非聖書的な聖書解釈」方法です。一見すると単なる解釈学からの観点による議論で終わりそうなのですが、解釈学から単独で「へブル的視点」が生まれたのではありません。その背景にはディスペンセーション主義も関係しています。とはいえ、アメリカでのディスペンセーション主義は「ユダヤ人と異邦人」の厳密な区別にこだわる考えよりも終末論のサポートが強いので、全てのディスペンセーション主義者が「へブル的視点」を主張しているわけでもありません。 「へブル的視点」のルーツを考えるのなら、ディスペンセーション主義を主張する福音派の一部のグループによる極端な考えが発端の最有力候補でしょう。その後にメシアニックジューたちが参加して現在に至っていると考えられます。「へブル的視点」がある程度神学的に受け入れられている状況が既にあるのなら、ユダヤ教がキリストのからだに入っていく事はたやすいでしょう。そのチャンスを掴んだサタンは、新しい形で「割礼」を持ち込む事に幾らか成功させたのです。 聖書の理解 「ヘブル文化を知らないと聖書の著者の意図を誤解する事になる」という主張は、正しいとも言えます。旧約時代のイスラエルの背景も基本的な部分は知っておくべきかもしれません。しかし、当時の歴史・文化を事細かく知らないとダメだとするのは、いかにもパリサイ人的な考えに過ぎず、そこから生じる「素人は手を出すな」という主張はまさに異邦人いじめそのものです。「ユダヤ人の伝承だから信用できる」というのは昔からサタンによってなされる策略の一つです。 「こうしてあなたがたは、自分たちが受け継いだ言い伝えによって、神のことばを空