投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

DHTT(神癒技術者訓練)の勧め

過去にジョン G. レイク以外でアメリカで活躍した癒しのミニストリーとその知られていた人たちは、主にヒーリングリバイバルの中にいた人たちと、その後のカリスマ運動で活躍した人たちです。その中には、ケネス・へーゲン、オーラル・ロバーツ、キャサリン・クールマン、ジョン・ウィンバー、ベニー・ヒンなどがいます。しかし現在、神癒に関して最も正確な教えをしているのがカリー・ブレイクです。

ジョン G.レイク のミニストリーを受け継いだカリー・ブレイクは、今から約二十年前に彼の子孫から DHTT(神癒技術者訓練)のマニュアルを受け取りました。そこから彼による癒しのミニストリーが今世界に広がっています。約十年前にアメリカで始まったストリートヒーリングは彼の教えが元になっています。彼はジョンG.レイクのミニストリーを復活させていますが、それはジョン G. レイクの預言に基づくものです。カリー・ブレイク氏と JGLM(ジョン G. レイク ミニストリーズ)は、キリストのからだ(エクレシア)に正しい癒しの教えを復活させました。しかも、彼の教えはただ癒しに関してのものだけではなく、その全ての教えにおいて最も新約聖書に近いものになっています。

今から数年後には純粋な福音がようやく復活する事になります。この事が意味するのは、私たちが正しく理解していたと思っていた「福音」が正確ではなかったという事です。この事実はクリスチャンにとって大きなショックになる事でしょう。一つ違うのは、この真理の回復はピーター・ワグナーがよく言ったような「聖霊の新しい動き」ではありません。単純に、使徒たちの実践していた福音がどの様にして理解されるべきだったかを、カリー・ブレイクやその他の人たちが新約聖書をよく読んで気づいただけです。「聖霊が新しい啓示を示した」という事ではありません。そうやってピーター・ワグナーたちは、多くの人たちを巻き込みましたが、実は彼らはそれ程正確には聖霊の声を聞いていなかったのが、今になって明らかになりつつあります。これからも一般的に知られている「霊的な教え」の幾らかは正確ではないという事が明らかになるでしょう。もうその時が来ています。

カリー・ブレイクが教えている内容は、パウロたちの言わんとする事を読み取っただけで、多くの教理の中に間違いがある事に気づいて、修正しただけす。この事は、癒しに関して主…